<ruby><rb>生</rb><rt>なま</rt></ruby>ごみの<ruby><rb>環境負荷</rb><rt>かんきょうふか</rt></ruby>

ゴミパコ博士

(なま)ごみはどれくらい()ると(おも)う?どのうちでも毎日約一人(まいにちやくひとり)200グラムの(なま)ごみが()ます。ごみの量全体(りょうぜんたい)一人一日(ひとりいちにち)700-800グラムなので、ごみの1/4が(なま)ごみなんじゃよ。

(なま)ごみはほとんどが水分(すいぶん)なんじゃ。水分(すいぶん)(おお)いとごみは()えにくいんじゃ。ごみを()すときは水分(すいぶん)(しぼ)って()すのがいんじゃぞ。

ところで、(なま)ごみはどうして()るのかな?(なま)ごみが()理由(りゆう)

  1. 調理(ちょうり)くず(料理(りょうり)するときに()るごみ)
  2. ()(のこ)
  3. 賞味期限切(しょうみきげんぎ)れ((ふる)くなった()(もの))

なんじゃ。

なかでも一番多(いちばんおお)いのは調理(ちょうり)くずなんだ。野菜(やさい)のくずや(さかな)(ほね)などをなるべく()らす工夫(くふう)必要(ひつよう)じゃの。くわしくは「ごみを()らせるかな?」()ておくれ。

(つぎ)(おお)いのは()(のこ)しじゃ。(きみ)たちは()(のこ)しをせずにきちんと()べているかな。

賞味期限切(しょうみきげんぎ)れはみんなの工夫(くふう)()らせるぞ。()(もの)()(まえ)冷蔵庫(れいぞうこ)中身(なかみ)をチェックすることじゃ。そうすればいらないものを()わなくてすむぞ。

みんなでもがんばれば(なま)ごみを()らせるぞ。

(もど)